玉響*花心風

「たまゆら*かしんふう」ひきこもりメンヘラ腐れ喪女がなんか書きなぐってます。

うずうずしたので買ってみた!2016年10月『公募ガイド』は岸本葉子さんのエッセイ特別企画


f:id:hioari96:20161011210557j:image

 

何かに挑戦してみたくて、公募ガイド買ってみました。

 

でも、

 

何に応募したいのか、

何に挑戦したいのか、

 

それすらも曖昧で。

パラパラ捲っているだけです。

 

キャッチコピーなどは初心者でも応募しやすいかなと思いますが、

これがなかなか思いつかないんですよね。

 

短い言葉を考える方が難しい。

 

フランスかどこかの偉い詩人さんの名言にありました。

 

長い言葉で表すよりも、

短く言葉で書き表す方が困難である、

 

的な。

 

さてはて、『公募ガイド』を購入したのにはもう一つ理由があります。

 

 

それはずばり 

2016年11月の『公募ガイド』はエッセイを書く。

エッセイストの岸本葉子さんの特別企画がある、と表紙に載っていたからです。

 

何かに挑戦したかったという気持ちはもちろんありますが、

今月号はこの特集のために買ったと言っても過言ではありません。

 

偶然ですが、いま岸本さんの『エッセイ脳』を読んでいる最中だったり。

 

エッセイというのも日記みたいなもんだから簡単だろう、と思いがちですがこれまた難しい。

 

岸本さんによれば

 

例外はあれど基本的に

 

  • 書きたいことを
  • もしくは読者が求めていることを
  • 読者にわかりやすく

 

  • 書く

 

という考えを軸に著作『エッセイ脳』を書かれたそうです。

 

まだ、冒頭しか読めていないのですけれど。

基本はそれを守るのみ(?)

 

読者が求めていること。

  • 書けるジャンルを増やすか

 

  • もしくは読者にわかりやすく、
  • 興味を持ってもらえる文章力を磨くか。

 

行うことはその二択。

『エッセイ脳』では後者の文章力をいかに鍛えるか、に主題が置かれているそうです。

 

 

さて、公募ガイドの方ですが、

「エッセイの書き方」について贅沢なことに10ページもの特集が組まれています

 

◯岸本さんのインタビュー記事。

◯エッセイの書き方の基本中の基本。

◯エッセイをだめにする6つのパターン。

◯エッセイに必要な5つの要素…

 

などなど、他にもエッセイを書くにあたって、

とてもためになる内容がつまっています。

 

応募するかはともかくとして、

ひとまずはブログの記事に活かせればなぁと思っています。

 

 

 

 

公募ガイド 2016年 11 月号 [雑誌]

公募ガイド 2016年 11 月号 [雑誌]