読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉響*花心風

「たまゆら*かしんふう」ひきこもりメンヘラ腐れ喪女がなんか書きなぐってます。

ただ無為に無意味に過ぎていく

 

いきるのってめんどくさいことばかりでつかれてきた、

玉響火詞(たまゆらひふみ)です。

個人的にこの名前はライトノベル風でかっこいいと思ってます。

 

中学二年生の精神のままで

肉体だけが衰えてしまったの。

しょうがないね。

 

 

アプリやってプラウザゲームやって

仕事やって家事やって

ネット小説読んで、

 

とだらだらしているうちに

時間が過ぎて気が付くと

真夜中です。

 

「あれ?やろうと思ったことなにもできてないや」

 

と思う毎日が積み重なってもう9月です。

今年が、あとおわってしまう。

 

言い訳をすると、

頭痛や吐き気や腹痛やめまいなどの体調不良や

不安感や恐怖感やあれをしなくてはならない、という

強迫的な思考に支配されたりと。

 

「処方箋を飲んで寝るしかない」

 

という事態になる頻度が多いのです。

 

わたしが陥っている精神的状態などについては

そのうち一記事使って書きたいなぁとは思っております。

 

これでもだいぶよくなった方なんです。

思考も前向きになってきたほうだし、

身体も動かせている。

 

 

ひどい時期はずっと寝ていました。

夜はハイテンションで起きていた。

それは現実逃避の一環で、

明日がこなければいいと思って

ずっとずっと起きて力尽きて昼に寝ていました。

 

就活中にこんなことになったもんですから

親に怒られてメンタルクリニックへGOVERNS。

現在の通院歴はおおよそで三年目でございます。

 

就活中、無理していて。

勢いでやってたんですよね。

なれないスーツに

なれない化粧をして。

 

でも、うっかり一つの会社の説明会が

あるのを忘れていて思い出しのは夜で。

 

特にそこまで思い入れがあるわけではなかったのですが、

そこで張り詰めていた糸が切れてしまったのです。

 

無理しておさえていたものがぐわあああああと来ました。

 

あっけなくダウン。

 

なんていうか今の社会構造に

昔から適応しきれていなかった子どもだったんですよね。

そのままなぁなぁでおとなになってしまって

就活で折れました。ぽきりと。