読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉響*花心風

「たまゆら*かしんふう」ひきこもりメンヘラ腐れ喪女がなんか書きなぐってます。

「たまゆら*かしふん」というブログ名の由来

 

 

玉響*花心風

 

というのがブログタイトルです。

 

読み方は「たまゆら かしんふう

 

少々、長いので略して『玉*花』

読み方は「ぎょくたま」

 

にしたかったのですが、

それだと短すぎるしなにがなんだかわからないので、

ちょっとかっこつけた漢字だらけタイトルと相成りました。

 

 

*(アスタリスク)を入れたのは、

「玉響花心風」だと漢字だらけで

目が疲れてしまうと思ったから。

 

 

 

本来、花心風は心ではなく信と書くのが正しいのですが、

見た目がうつくしいのでこちらにしました。

(そのかわりといってはなんですが、

「花信風」を雑記カテゴリーの名前にしてみました)

 

ネットでは読み方よりも

見た目の印象を気にしたほうがいいかなと

浅知恵を働かせた結果です。

 

花信風の意味とは

かしん‐ふう〔クワシン‐〕【花信風】

1 花の咲くのを知らせる風。初春から初夏にかけて吹く風をいう。
2 ⇒二十四番花信風

出典

kotobank.jp

開花を知らせる風→知らせる風→知らせる→便り→日々を知らせる日記

みたいな意味を込めてます。

 

 

 

玉響の意味とは

たまゆら【玉響】

しばしの間。ほんの少しの間。暫時。副詞的にも用いる。 「露しげき鳥羽田の面の秋風に-やどる宵の稲妻/風雅 秋中」 〔万葉集二三九一の「玉響たまかぎる昨日の夕見しものを…」の「玉響」を「たまゆらに」と訓よんで,玉の触れ合うようにかすかにと解したところから生じた語〕

出典

 ブログとはたいたいは空き時間などにさっさと読まれるものだと思うので、

そういう意味を込めて玉響(たまゆら)としました。

 

 

つまるところブログタイトルに込めた意味は、

「わずかな時間の風のように日々を知らせる便りを送る」

(長ったらしい)

ブログの方向性

ずばりまんま日記ブログ。

好きなことを好きなように書くのが目的といえば目的です。

ジャンルを決定してしまうと、書きたいことも書けなくなってしまう。

すっごく息苦しいんですよね。つまり雑記ブログ。

 

そのうち、特化ブログになることもあるかもしれませんが

今のところは日記ブログです。

その時はその時です。

 

二番煎じではないものを求めて

ブログをやろうと思って、

さてタイトルは何にしようかと三週間ぐらい悩みました。

思いついたものはだいたい先達がいらっしゃるものです。

 

「ブログ タイトル 決め方」

 

「ブログ タイトル 決め方 方法」

 

などGoogleで検索しまくりました。

 

が、なかなか思いつかず。

 

もう、「メンヘラ腐れひきこもり女オタクの日記」と

ド直球で行こうかと思っていた時に

ふと手にした本で「玉響」と「花信風」という言葉と出会いました。

 

「これだ!」

と直感し、並び方を変えてみたり、

ひらがなにしてみたり、

カタカナにしてみたり

 

試行錯誤してこの名前になりました。

 

 

 記事を書いているのはこんな人間です。

hibikaze.hatenablog.com