玉響*花心風

「たまゆら*かしんふう」ひきこもりメンヘラ腐れ喪女がなんか書きなぐってます。

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』8話「ダーマ神社でヨシヒコ犬に転職するの巻」感想ネタバレ

伝説の書III「勇者ヨシヒコと導かれし七人」

ようやく撮りダメていたヨシヒコ視聴できました…

最近、集中してテレビを見るということができなくなってきて、

集中するにも体力っているんだなぁと疲れ果てた身体で書いてます(死んだ目) 

 

第8話あらすじ 

ダーマ神社にたどり着き、各々ジョブジェンジをする四人。

しかし、ヨシヒコが転職希望職業を書きかけたさいに剣を盗まれ盗人を追いかけることに。その間に席を離していた職員が職業希望用紙を見て、文字になっていないそれに首を傾げる。

 

一方ヨシヒコは剣を取り戻し、ムラサキ、ミドリ、ダンジョウたちも無事転職に成功する。しかし、突然三人の目の前からヨシヒコは煙のように消えてしまう。

 

気がついたらヨシヒコは白い犬になっていた…

見知らぬ道を歩く犬ヨシヒコはひとりの若武者と出会う。

彼はモモタロウと名乗り、ヨシヒコと瓜二つの顔立ちをしていた。

 

 

 

おなじみ冒頭盗賊。

今回は女盗賊。いつも以上にぐだぐだ。

これは事務所が何故OKを出した。

 

仏様は仕事ができそうな代理人になっているwww

ここで仏様脱落かな、と思ったけれどもどうやら謹慎(仏様に謹慎があるとか)が開けていたらしらくおなじみ仏様が登場。

 

しかし、やつれているものすっごくやつれている。

インターネットで叩かれ、嫁にも(おそらく物理)で叩かれ…って自業自得である。

 

しかし、再び仏様を囲む報道陣。

不倫騒動の次は「学歴詐称」「現世コンサルタント」の資格も持っていないのではないかとか…(資格だったのか…)

 

冒頭からツッコミ要素が入り過ぎである。

 

次なる目的地はバボルの村。

そこでは漢祭りが開催され、優勝者に「オーブ」が渡されるというものだった。

ヨシヒコ抜きで祭りに挑むダンジョウたちだったが、第一の試練でおしくも退場。

 

内容は

「関白ウォーク」

亭主関白で練り歩く(ここから意味不明)男たちの横から女性たちが石を投げつける。

全力投球で。石に当たって倒れたら失格。

「キツネつまみ」

キツネの面をかぶった女性たちが出場者たちの体毛をピンセットで引っ張る。

少しでも苦痛の表情を浮かべたら失格。

「漢に金棒」

山に住むという鬼から金棒を盗んでくるという試練。

 

これは名前は漢祭りだけど、女性の鬱憤晴らし祭りというのが正しいのでは…?

 

 

 

 

一方、ヨシヒコは犬となり、なんだかゆるゆる全力ゆとり世代のモモタロウとともに鬼を退治するために旅をしている。猿、雉もゆるゆるな感じで仲間になる。

 

ヨシヒコ役は白いかわいいワンちゃんだけど猿と雉はお遊戯レベルのハリボテを人間がきて登場。どこにお金をかけてどこにかけないのかわかっているスタッフ陣。

 

ダンジョウたち四人+αは鬼の住む場所にたどり着く。

同時に犬ヒコも登場し、彼がモモタロウとともに集めた仲間たちが登場するが…

 

これはあかん

 

これは怒られるwww

 

 

確実にエライ人に怒られるwww

 

 

白い犬という時点で察するべきやった。

 

 

そして犬ヒコが犬のままでいい勇者とか魔王とか別にいいとダダを捏ねるヨシヒコはいつものことだからおいといて。無事鬼退治完了し、玉を手に入れることに成功する。

 

しかし、玉人が誰かわからなかったため一度召喚してみようとするが玉は跡形もなく割れてしまう…

 

 

仏は報道陣に追われて出てこれないようで何の手がかりもなく次回に続く…

 

これまでの感想記事

hibikaze.hatenablog.com

hibikaze.hatenablog.com

hibikaze.hatenablog.com