玉響*花心風

「たまゆら*かしんふう」ひきこもりメンヘラ腐れ喪女がなんか書きなぐってます。

花信風(雑記)

昼間に燃えて、夜には尽きる

いきていた。 誰も読んでいないかもしれないけれどもとりあえず書く。 最近、ブログを書いてないので感覚がおかしい。 短期燃え尽き症候群みたいになっていた。 一日、朝起きて仕事して家事をして、そこまではそれなりに動けるのだけれどもその後はベッドの…

深夜のハイテンションはやばい

お金がほしい 全人類の半数以上は生きているうえで何度も胸に抱いたことがある願望だと思う。 私は今、猛烈に、お金がほしい。 たまに、とんでもなく物欲が高まるときがある。 今がまさにそれだ。

ボケの始まり入院生活、防止のためにカレンダーと日記帳を祖母に贈ってみた

入院中の祖母がボケないために、メンヘラひきこもり喪女なオタクが足りない頭で考えたボケ防止対策。

ひきこもり喪女オタクは経済的に自立したい。お金稼ぎたい…

ひきこもり喪女オタクは経済的に自立したい。

母方の祖母が大腸がんで人工肛門の手術をしました

ひきこもり喪女の祖母が倒れたってよ

ひきこもりは脳の機能が退化する感じ7つのあるある?\(^o^)/

ひきこもる前とひきこもった後だと脳の機能が退化している感じがして自分に絶望を抱く7つのことがら

【鏡よ鏡】ひきこもりオタク喪女が(山善の)卓上三面鏡を買った話【宝くじの一等番号おしえてくだしあ】

周囲が色づき始める頃から自分の容姿に気にかけてこなかった喪女が鏡(山善の卓上三面鏡)を買った話。

低気圧が敵

ねむい

羽二重餅をこの前両親がお土産に買ってきてくれたけどなんか人気の商品らしい

金花堂はや川の羽二重くるみ食べてみた。

ソシャゲでぽかしまくったり月経痛で死んでたりしたけど生きてます

生きてます!!! ちょっと某ソシャゲのイベント周回にすべての時間を費やしたり、新キャラが性癖どストライク(二次元、オタク的な意味で)で身もだえてたり、スマホを機種変した数日後にトラブって泣く泣く初期化することになったりで豆腐メンタルがぐちゃ…

ひきこもりメンヘラ喪女の怒りは続くよどこまでも ~燃やせそして買うのだ~

ひきこもり喪女は激怒はしていない。 メラメラとアオイホノオオが胸の内で静かに燃え盛っている。 消える直前というベストタイミングで燃料が投下されるのだ、潰えようはずもない。

ひきこもり喪女、経済的自立を目指す ~そうだ、お金を稼ごう~

ひきこもり喪女腐れオタクはある日怒りとともに思い立つ…「そうだ、お金を稼ごう」と… これは大いなる物語になるかも知れないかもしれない人生の序幕である…(^ω^)

ひきこもり喪女ひさびさに外出してやった

父に言われたことに腹を立ててましたが、本日また腹立たしいことを言われたので(母と一緒に)外出してやった(上から目線)

夫婦間だろうかカップルだろうが親子だろうが作ってもらった料理に文句はバルスと同じ重さを持つと知れ

「すぐにやめる」というのが気に食わないといわれたメンヘラひきこもり喪女です。 平日の昼食は僭越ながら私が作っているのですけど。 先日「いつも昼飯がワンパターンだなww」と父にいわれたのでムカッときて「だったらもうやめる」と言ったのです。

メンヘラ喪女の家庭にやはり問題があるのかもしれない~わたしは惰性でいきている~

父に「惰性で生活しているだろ!」「これからどう生きていくつもりだ」「進歩がない!」と昼寝しているところを叩き起こされたどうも、ひきこもりオタク喪女です。

ひきこもり喪女の夜の小言

日々は何も変わらず平坦。あぜ道みたいにぼこぼこしているところはあるけど、道路に亀裂が入って通れなくなったみたいな重大な事件は起きてない。 日々はそれなり平穏で。だからこそ焦りが抱く。 このままでいいのだろうか、と。やりたいことはあるけれども…

「しっぽの声」という漫画の感想を読んだ感想というか懺悔というか叫びというかもう泣きたい

『しっぽの声』という漫画の感想の感想。 動物保護の現状についてひきこもり喪女猫の下僕が泣き叫んだり懺悔したりいろいろ言い訳してるだけ。

筆がのらないの今風の言い方は指がのらない?声がハラない?どうなの?◯◯先生教えて

書かないことが思いつかない喪女の走り書きみたいな思考の断片。 眠い。

喪女が夢見ごこちの中呟いた

ねむい。でも何かを書こうと思う。 最近やる気はでない。 うつ気味なんだろうか。 と、思えば急にポーンとテンションが上がる時間帯がある。あねむい。 でも書きます。 うつうつ言ってるけどはっきりと診断されたわけじゃない。たぶん病名をこれだ!と決めつ…

喪女オタク汚部屋脱出なるか?

画像は手帳を移したものを加工したもの。 手帳のカバーに写り込んだ名前のない怪物を規制した結果こうなりました。 汚部屋ならぬ汚机になっていた学習机(〇〇年もの)の上をちょっこと掃除しました。 その代わり、本棚の秩序が一部崩壊の危機を迎えておりま…

喪女によるねむれない夜の叫び

眠れないです。 眠いのに、眠れない。 なんだか眠るのがもったいない。 だってお部屋がこんなに静かなの昼間ではありえないから。 朝方生活をしたほうが健康にいいと聞きますが、わたしは夕方に寝て夜に起きて活動して仮眠を取り仕事をして家事をしてまた夕…

頑張ること嫌なことなりたいこと気づいてしまったこと

私は、嫌なことを我慢し続けてきたんだろうか。 だから、限界が来てひきこもりになってしまったんだろうか。 過去を振り返ってみるに「我慢すべきところ」で「我慢せず」に「我慢しなくてもいいところ」で「我慢してしまった」というか。 我慢しても良い、つ…

ひきこもり腐女子オタクの 「2018年の抱負」

はてなブログ今週のお題「2018年の抱負」にひきこもり腐女子オタクが真面目に挑んでみたつもり。

冬夜の静寂と安寧について

ひきこもりのある冬の日の思考録

【世知辛い】女の私が不審者に間違われたっぽい話をしようか?【世の中じゃ】

女子大学生のときに小学生に不審者に間違われたっぽい話をしよう…

【リコマースがめんどくさがり屋向け】溜め込んでいた本を断捨離しました【もったいない本舗は大量に手放したい人向け】

ひきこもり女オタクが溜め込んでいた本を六箱分手放したよっていうだけのお話。 利用した買取りサービスは『リコマース』 以前、利用した『もったいない本舗』にも取り上げてみた。

春秋がないタンスの季節

夏物の洋服着なかったものがほとんどだけど、あんまり出かけなかったからなので今回は断捨離はなし。

頭固いガラパゴスひきこもり女がスマホに替えたらすっかり依存症になった生きた見本

ガラパゴス・ケータイからスマホに変えるのに抵抗があったくせに変更したらすっかりスマホ依存になった女のひとりごと。

睡魔より宅急便より家族の帰りのほうが早かった現実

ひきこもりメンヘラオタク喪女のなんともない一日のお話。

台風通過して夏は郷愁を感じて幼女になりたくなる

暑い。 台風が通過していったあとの空気はさわやか少しひんやりしていてで見上げれば晴天が広がっている。 ──メンヘラひきこもり女のひとりごと。