読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉響*花心風

「たまゆら*かしんふう」ひきこもりメンヘラ腐れ喪女がなんか書きなぐってます。

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』9話「どっかでみたことある展開満載これ怒られるやつやで!」ネタバレ感想

ドラマ・テレビ

 

ラブライブ! μ's Final LoveLive! 〜μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜  Blu-ray Memorial BOX

冒頭から仏様が登場。

顔色がもとに戻っているけれども学歴詐称の件はどうなったんでしょうか。なに仏世界もお金の力?お金の力でねじ伏せられるの???

 

今回は冒頭盗賊は登場しませんでした。

 

「キャパスの村」ってそいういうことか。

どこからどう見ても学校ですww

キャンパス→キャパス

 

舞台は学校。

 

 

 

 第9話のあらすじ

最後の玉人は「キャパスの村」に居ると顔色が戻った仏に告げられ、向かう一行。

しかしそこにあったのはどっからどう見ても「学校」数多の作品の舞台になっている「ハイスクール」。村長(校長)の話によれば「キャパスの村の女子生徒が玉人」だというが玉は彼女の心のなかにあり、手に入れるためには彼女の心を開かせる必要があるという。

つまりは、彼女に惚れてもらう必要があるということ。

消去法でヨシヒコがその役割を負うこととなり、他三人はサポートに回ることに。

 

 

メレブの作戦。

(校長(村長)の魔法によりヨシヒコ以外のメンバーは以前からそこにいたという認識になっている)

 

ヨシヒコが転校生になり、ダンジョウが担任になる。

玉人、ソノカちゃんの隣の席にヨシヒコ。

 

 

つまりは王道転校生との恋愛を展開する作戦。 

 

ムラサキはソノカちゃんの友達。

メレブは花沢で恋敵。

すごいキモイナルシストキャラになってる上にほくろが金ピカである。

成金のかおりがする…

 

だが、しかしここでムラサキが突っ込む。

メレブ、お前は掃除のおじさんだ!

で、メレブ掃除のおじさんに変更。

 

ここからどうソノカちゃんにアピールするのかと思っていると、 

ソノカちゃんが階段から転がり落ちてしまう。

これはえらいこっちゃで。

ヨシヒコ世界なので怪我も特になく。

 

よし!ここでヨシヒコがさっそうとあらわれて!

 

と思ったらところがどっこいナルシスト臭がするイケメン先輩が現れた。

その名もアルフレッド。

 

ムラサキが「これあかんやつやで。惚れてまうで」と危機感を抱き作戦会議へ。

 

(どこかで聞いた話だが)学校が廃校となり、それを阻止するためにソノカちゃんがアイドルになるという展開に。(これ怒られませんかね)

 

ここでヨシヒコ。オタク芸をアピールし、ソノカちゃんを応援するよ!と仲良くなろうとするが、ここでも登場アルフレッド先輩。財力をもってしてアイドル活動に必要なモノを贈ってくれる。これあかんやつやで。

 

「もうアルフレッドに惚れたところで出てきた玉だけもらっちゃえば?」となるが、

どうやら話はそう簡単ではない模様。

 

「ソノカちゃんの心のなかにある玉はこころを開いた相手、惚れた相手の中に移動してしまう」らしいのだ。

 

個人的にはならもう玉が乗り移ったアルフレッド先輩を連れてけばいいんじゃない?玉としてカウントすればいいんじゃない?って召喚して戦うならもうはじめからつれていってもよくない?

 

となりましたが、

 

 

ところがどっこい。

 

そうは問屋が卸さなかった。

 

な、ななんんんとアルフレッド先輩は魔王の配下の魔物だったのだー(棒

 

秘密をするムラサキ。

だが、ソノカはどんどんアルフレッド先輩に惹かれていく。

 

そこで元仏だという校長に相談した結果、

ヨシヒコたちは「キャラ変の祠」(巨大なレバーがある一室)につれてこられる。

 

名前のとおりレバーを引いた人物のキャラを変えてしまう部屋。

女子高校生を落とすには「アメとムチ、壁ドン」!!と主張する校長。

とりあえず、それしか手がないと乗るヨシヒコ。

 

見事ドSキャラに…?

 

ドSというか俺様不良系キャラですかね。

あ、現実では壁ドンは脅迫罪になる可能性もあるらしいのでご注意を。

あれは二次元だから許される。二次元でも許されないことは作品によって多々ある。

 

 少女漫画的展開で無事玉をGET!

しかし、ヨシヒコはドSの心に操られ魔物になってしまう!

が、まぁそれもこれもなんとかなりました。さすがヨシヒコワールド。

 

ツッコミ疲れてもう最後の方おなざりになってますな…

 

 

これまでの感想

hibikaze.hatenablog.com

hibikaze.hatenablog.com

hibikaze.hatenablog.com